家族が安心できる家

住まいの安全確保してますか?みんなの対策を集めてみました。

更地にして売るべきかどうか?

親が死んでから、誰も住んでいない築ウン十年の古い木造家屋。
もう誰も住まないし、固定資産税もかかってるしで、厄介な存在。
そんな不動産をサッサと処分したいと考えている方もおられると思います。
今後の日本はこうした家屋がかなり増えるのではないかと予想されます。
さて、そんな不動産を処分する場合、そのまま売るべきか、それとも解体して更地にして売るべきか、悩む方もいると思います。
どちらが売りやすいかと言うと、ケースバイケースです。
物件のある場所や、どんな家屋かにより、話は全然変わってきます。
しかし、一般にはそのまま売ったほうが売りやすいケースが多いようです。

不動産を売る際の基礎知識をまずは身に付けておきましょう。

 

不動産売却を参考にする


実際の不動産の売却の際には不動産会社に相談して決めましょう。

安心できる住まいを目指す方法とは

自宅で家族が安心して暮らせる居住環境を確保するためには、マイホームを新築するときには安全性を重視した建築プランを立てる必要があります。

その中にはセキュリティーシステムをあらかじめ組み込むプランもあり、特に警備会社のセキュリティープランを選ぶことで、安心な住まいを実現することが出来るのです。

しかし同時に住宅内部には様々な危険が潜んでいるので、様々な危険の要因となることを取り除いたマイホームの建築プランを検討する必要もあるのです。

たとえば特に高齢者のいる家庭であれば、小さな段差が大怪我の原因になるケースもあるので、あらかじめバリアフリーのマイホームを目指す方法がお勧めできるのです。

また手すりを玄関や廊下に設置することも、非常に効果的なのです。

また空き巣などの不審者の侵入も大きなリスク要因ですが、庭などに死角のないような設計にすることで、泥棒の入りにくい住まいにすることが出来るので安全性が高められるのです。
思い切って持家を手放して、新しい地域に転居するのも選択肢の一つです。